毛孔性角化症を最短で治す

人気No.1↓ピュアルピエ

毛孔性角化症を最短で治す方法とは?

 

ソープ

 

二の腕にブツブツができて恥ずかしい!と思っている女性は多くいるのではないでしょうか。

 

ノースリーブなどの二の腕を出す服を着る時は見られてしまうので何とか改善したいものです。

 

その厄介な悩みとなる二の腕のブツブツは毛孔性角化症という皮膚疾患と考えられます。

 

見た目は薄い赤や褐色系の色をしていて触るとザラザラしています。

 

また、自覚症状はあまりあらわれませんが、痒みを感じる場合もあります。

 

この毛孔性角化症は女性に多いとされており、放置しておいても他人に感染することはありませんし、重大な病気を引き起こすようなこともありません。

 

しかし、二の腕を恥ずかしくて露出できなくなりますので、着たい服を着てお洒落ができないこともあるのです。

 

それに、プールや海水浴、温泉や銭湯などに行っても恥ずかしい思いをしますので精神的に落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

こうした毛孔性角化症を治すことはできますが、少しでも早く治ったほうが良いですよね。

 

では、毛孔性角化症を最短で治す方法はあるのでしょうか?

 

その方法は自宅でピュアルピエという専用ジェルクリームを使用することです。

 

まず、毛孔性角化症を早く治すには保湿が重要となりますが、毎日しっかり保湿成分が含まれたピュアルピエを使用することで効果的に改善していくことができます。

 

また、美容成分をナノ化させていますので肌の奥までしっかり浸透しますし、肌の表面で作用する高分子成分との相乗効果によって肌の内と外からケアすることが可能となります。

 

このようなことからも分かるように、毛孔性角化症を最短で治す方法はピュアルピエを自宅で毎日使用することですので、なかなか無くならない二の腕のブツブツで悩んでいる女性は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

新陳代謝がカギ

 

二の腕に毛孔性角化症があると夏でも半袖や七分袖の服を着なければいけないので暑くて辛いですし、結婚式などでドレスを着る時に恥ずかしい思いをしますので悩んでしまうこともあります。

 

この毛孔性角化症はニキビのように細菌の繁殖によって起こる炎症ではありませんので痛みや痒みを伴うような症状はありません。

 

ですので、気づくのが遅れてブツブツがたくさんできていることもあります。

 

そんな気づきにくい毛孔性角化症は新陳代謝がカギになってきます。

 

そもそも普通の状態の肌は新陳代謝によって肌表面にある古い角質が剥がれ落ちて新たに角質が形成されていきます。

 

しかし、毛孔性角化症は皮膚の新陳代謝に異常が起きて古い角質が剥がれ落ちにくくなり、それが皮脂と共に毛穴を塞いで肌表面にブツブツやザラザラを作ってしまいます。

 

こうしたことからも分かるように、新陳代謝が正常に行われていれば二の腕にブツブツができにくくなりますので新陳代謝がカギになってくると言えるのです。

 

新陳代謝を活発にさせるにはお風呂に入って体を温めたり運動して血行を良くすることなどがありますので、二の腕が毛孔性角化症で困っている女性は続けて頑張ってみましょう。

 

 

効果的な成分

 

女性にとって肌のシミなどのトラブルは深刻な悩みになりますので避けたいところです。

 

しかし、知らない間にできてしまいますので仕方がありませんが、できてしまったらできるだけ早く改善したいです。

 

では、毛孔性角化症を治すのに効果的な成分は何でしょうか?

 

ヒアルロン酸やセイヨウナシエキスなどの保湿力が高い成分です。

 

保湿力が高い成分は乾燥を防いで二の腕のブツブツを治すことができますし、ブツブツがない人は予防することもできます。

 

また、尿素も効果的な成分となりますが、濃度が強すぎると保湿を通り越して角質を溶かし過ぎてしまったり角質層を必要以上に削り過ぎてしまうことがありますので、尿素は適度に配合されているものが良いでしょう。

 

この他には肌のターンオーバーを促進するプラセンタも効果的な成分となり、肌の保湿をサポートする働きがありますのでセイヨウナシエキスと一緒に使用することで、より高い効果を得やすくなります。

 

 

ゴシゴシ洗うのはNG

 

二の腕にブツブツがあると、それを消そうとしてゴシゴシ洗うことがあります。

 

しかし、ゴシゴシ洗っても二の腕にブツブツが消えることはありませんし、ブツブツを増やしたり悪化させてしまうこともあるのです。

 

では、どうしてゴシゴシ洗うのはNGなのでしょうか?

 

それは、皮脂を必要以上に取りすぎて肌を乾燥させてしまうからです。

 

また、ゴシゴシ洗うと肌への刺激が強くなって炎症を起こしたり赤みが強くなって色素沈着の原因になってしまうこともあります。

 

すでにできている二の腕にブツブツが酷くなって治すまでに時間がかかってしまいますので、お風呂でゴシゴシ洗うのはやめておきましょう。

 

このようなことからも分かるように、二の腕にブツブツはゴシゴシ洗っても必ず消えるわけではありませんので、優しく洗ってしっかり保湿ケアするようにしましょう。

 

大幅割引!ピュアルピエ公式サイト

page top