ピュアルピエは顔にも使えるのか

人気No.1↓ピュアルピエ

ピュアルピエは顔の毛孔性角化症にも使える?肌荒れの心配は?

 

 

 

二の腕にできる赤いブツブツ、なかなか消えなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな二の腕のブツブツ解消にはピュアルピエが良いと評判なのですが、もしこのブツブツが顔にできてしまっても使用することができるのでしょうか。

 

二の腕にできるブツブツは毛孔性角化症と呼ばれるもので、ニキビとはまた違うものになります。

 

そのためニキビの治療法では効果がないので、別の方法で治さなくてはなりません。

 

そこで開発されたのがピュアルピエなのですが、顔にできた毛孔性角化症もピュアルピエでなくすことができるのでしょうか?

素肌

 

またピュアルピエは顔に使用しても大丈夫なのでしょうか。

 

ピュアルピエは敏感肌の方にも使用できるほど、肌に優しい成分で作られています。

 

ただ顔などの部位には使用しても良いかなどの記載は公式サイトにもありませんよね。

 

ですが顔にできた毛孔性角化症をどうにかしたいということで、使用できないか確認してみた方も多いようです。

 

結論から言いますと、ピュアルピエは二の腕に使用して問題がなければ、顔にも使用して大丈夫とメーカーの方もおっしゃっているとのことでした。

 

基本的にピュアルピエは保湿成分を中心として作られているので、肌にはとても優しいのですね。

 

顔にできた毛孔性角化症にも使用することができ、肌荒れの心配もないのでとても安心ですね。

 

顔の毛孔性角化症を治したい方も、ピュアルピエでしっかりと改善させていきましょう。

 

 

顔の毛孔性角化症の原因

 

毛孔性角化症は二の腕だけにできると思っていた方も多いのではないでしょうか。

 

実は顔にも毛孔性角化症はできてしまうのですが、なぜ顔に?と思いますよね。

 

顔にできる毛孔性角化症の原因は何なのでしょうか?

 

毛孔性角化症の主な原因は遺伝やホルモンの影響のほかビタミン不足などがあり、皮脂腺機能の異常でも発症する場合があります。

 

多くの方は思春期に発症しますが、大人になるにつれて徐々に収まる傾向にあります。

 

ただ大人になってからでもホルモンバランスの乱れによって発症する場合などもあるので、年齢を問わずできてしまう可能性があるのです。

 

また毛孔性角化症は顔にもできてしまうのですが、顔にできる原因も同じく、ホルモンバランスの乱れや遺伝、ビタミン不足や皮脂腺機能の異常によっても作られてしまいます。

 

はっきりと何が原因かというのがわからない場合もありますが、顔にできてしまった毛孔性角化症もしっかりとケアをすれば治すことができます。

 

ただし、毛孔性角化症はニキビとは違うので治療方法も変わってきます。

 

毛孔性角化症に合った治療を進めることで改善がみられますが、顔なのでとても敏感な肌となるので治療の際には注意も必要です。

 

顔にも毛孔性角化症はできる場合があり、ニキビとは違うのでおかしいと思ったらまずはセルフチェックから始めてみましょう。

 

 

予防と改善方法

 

毛孔性角化症は二の腕だけではなく顔にもできてしまうため、ニキビと間違えられることも少なくありません。

 

ですが対処方法がニキビとは違うので、ケアするにあたって注意すべきことも多くなります。

 

できるだけ早期発見と治療が望ましいのですが、一番は予防することが重要です。

 

毛孔性角化症の原因はホルモンの影響やビタミン不足、皮脂腺機能の異常や遺伝などですが、遺伝以外は予防ができるのでできるだけ注意しておくようにしましょう。

 

予防にはやはりホルモンバランスを整えるような生活習慣と食生活が重要です。

 

皮脂腺の異常もホルモンが影響する場合があるので十分に注意しておくと良いですね。

 

また肌のターンオーバーも関係してくるので、一番にホルモンバランスを整えるように意識することが毛孔性角化症の予防にもつながります。

 

またそれでも毛孔性角化症ができてしまった際には、改善するために保湿を心がけておくと良いでしょう。

 

毛孔性角化症は古い角質が毛穴にたまり作られるので、保湿による肌のターンオーバーが重要となります。

 

保湿することで肌のターンオーバーも正常になってくるので、毛孔性角化症も徐々に改善できるようになります。

 

規則正しい生活と肌の保湿が毛孔性角化症の予防と改善には欠かせないので、これらをしっかりと意識して顔の毛孔性角化症で悩まないようにしましょう。

 

 

大幅割引!ピュアルピエ公式サイト

page top