毛孔性角化症に尿素クリームを使う理由

人気No.1↓ピュアルピエ

尿素入りクリームで毛孔性角化症は治るのか

毛孔性角化症とは、毛穴に角栓が詰まることで肌にぶつぶつが出来てしまう症状です。
皮膚疾患のひとつであり、薬を使用することで症状を抑えることが出来ます。

 

病院で薬を処方してもらうことが出来ますが、毛孔性角化症に効果のある薬は市販でも売られています。

保湿クリーム

特に毛孔性角化症に効果があるのは、尿素入りのクリームです。
尿素は、角栓を溶かしてくれる働きがあります。

 

毛穴に詰まった角栓は硬くなってしまっていることが多いですので、尿素クリームを使用して溶かしてしまうと良いでしょう。
また、毛孔性角化症を悪化させてしまう原因として、お肌の乾燥が挙げられます。

 

お肌をしっかりと保湿することは大切ですが、
症状の出ている部分にどのような保湿用品を使用したら良いのか悩んでしまうでしょう。

 

尿素クリームには、お肌を保湿する効果もあります。
毛孔性角化症の症状が出ている部位をケアしながら、お肌の保湿も行うことが出来るのです。

 

病院で処方される毛孔性角化症の薬にも、尿素が配合されていることは多いです。まずは市販の尿素入りクリームを使用して、自分でケアをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

ニキビ用商品で毛孔性角化症は治るのか

 

毛孔性角化症は、ニキビとは違った皮膚疾患です。
肌にぶつぶつとしたものが出来てしまうという点では似ていますが、症状が現れる原因も異なります。

ニキビクリーム

ニキビは、毛穴に皮脂油が溜まり、その皮脂油が細菌などに触れて反応を起こすことで炎症が起きます。
痛みをともなうことがあり、放置していると悪化してしまうことがあります。
赤く腫れあがり、じゅくじゅくとしてくることもあります。

 

ニキビのこのような症状に対し、毛孔性角化症は痛みをともなうことはありません。
軽度の痒みを引き起こすことはありますが、赤く腫れあがることもありません。
ぶつぶつが出来てしまう原因も、毛穴に角栓が詰まることですので、ニキビとは違います。

 

また、毛孔性角化症は、ニキビとは違い、顔に症状が出ることはほとんどありません。
二の腕やお尻など、体にぶつぶつが出来ることが多いです。

 

ニキビ用の商品は、皮脂の分泌を抑えようとするものが多いです。
ですが、毛孔性角化症を治すために必要なのは、毛穴に詰まった角栓を取り除くことです。

 

ニキビ用の商品では角栓を除去することは出来ませんので、毛孔性角化症の症状にはあまり効果が無いかもしれません。

 

 

スクラブ洗顔で毛孔性角化症は治るのか

 

スクラブの入った洗顔フォームやクリームで毛孔性角化症をケアすることは出来ます。
肌に刺激の少ないものを使用して優しく洗えば、角栓が詰まることを防ぐことが出来ます。

 

ですが、これはあくまで毛孔性角化症の対策に過ぎません。
日頃からスクラブ入りのケア用品を使用することで、角栓が詰まらないようにすることは出来ますが、
既に角栓が詰まって硬くなってしまっている皮膚にはあまり効果を得られないかもしれません。

 

 

既に角栓が詰まってしまい、毛孔性角化症の症状が出てしまっている部分には、
尿素入りのクリームを使用することをおすすめします。

 

尿素は、毛穴に詰まった角栓を溶かし、皮膚を柔らかくする働きがあります。尿素入りのクリームを使用することで、毛孔性角化症のぶつぶつを改善することが出来るでしょう。スクラブ入りのケア用品を使用するのは、その後が良いかもしれませんね。

 

毛孔性角化症になることを防ぐためには、日頃から角栓を取り除くケアをしておくことをおすすめします。
スクラブ入りのケア用品でも良いですし、お肌に刺激の少ないピーリングジェルなどを使用しても良いかもしれません。

 

毛穴に入り込んだ角栓がまだ柔らかいうちに、除去するように心掛けると良いでしょう。

 

 

 

大幅割引!公式サイト