毛孔性角化症は放置しても大丈夫?

人気No.1↓ピュアルピエ

大人になると毛孔性角化症は治るのか

 

二の腕や背中に出来るぶつぶつの原因は、毛孔性角化症であることが多いです。
毛孔性角化症とは、毛穴に詰まった角栓が原因でぶつぶつが出来てしまう症状です。

 

特に痛みをともなうことはありませんが、女性はお洒落をする際に気になってしまうかもしれません。

 

 

毛孔性角化症に悩む人の年齢層は幅広く、子供から大人までこの症状を引き起こす可能性があります。
特に多いのは10代の人で、大人になるにつれてぶつぶつが薄れていくというケースが多いです。

 

30代になる頃には、綺麗に消え去っていたという人もいるでしょう。
ですが、大人になってもなかなか治らないという人もいます。

 

そのような人は、何らかのことが原因で症状を悪化させてしまっている可能性があります。
大人の毛孔性角化症を治すためには、薬を使用することが一番良いと思われます。

 

病院に行けば薬を処方してもらうことが出来ますが、市販でも薬が売られています。
病院に行く時間が無いという人は、ひとまず市販の薬で対処してみるのも良いかもしれませんね。

 

毛孔性角化症のぶつぶつを治すためには、尿素の配合されたクリームなどを使うと良いでしょう。尿素には角質を溶かす働きがあり、肌を柔らかくしてくれます。

尿素クリーム

また、保湿効果もあるので、尿素クリームを使用することでお肌を乾燥から守ることが出来ます。
薬を上手く活用して、大人の毛孔性角化症を治すことが出来ると良いですね。

 

 

大人になっても毛孔性角化症が治らない原因

 

毛孔性角化症の症状がある人のほとんどが、大人になるにつれて改善されていきます。
しかし、大人になっても毛孔性角化症が治らない人もいます。

 

そのような人は、知らず知らずのうちに症状を悪化させてしまっている可能性があります。
どのようなことが毛孔性角化症の症状を悪化させてしまうのかを知っておきましょう。

 

 

毛孔性角化症は、毛穴に角栓が詰まることで、肌にぶつぶつが出来てしまう皮膚疾患です。
そのため、毛穴の角栓を綺麗にしようとして、お風呂でゴシゴシと皮膚を擦ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

強く皮膚を擦っても角栓を取り除くことは難しいですし、逆に皮膚に刺激を与えて症状を悪化させてしまうことがあります。
症状の出ている部分を洗う時には、優しく洗うように心掛けましょう。

 

お肌が乾燥していると、毛孔性角化症を悪化させることに繋がってしまいます。毎日しっかりと保湿ケアを行い、お肌の乾燥を防ぎましょう。

 

特に症状の出やすい二の腕は、保湿ケアをし忘れてしまうこともあるでしょう。
自分の体で症状が出ている部位を把握し、乾燥しないように気を付けるようにしましょう。

 

 

尿素入りクリームで毛孔性角化症は治るのか

 

毛孔性角化症とは、毛穴に角栓が詰まることで肌にぶつぶつが出来てしまう症状です。
皮膚疾患のひとつであり、薬を使用することで症状を抑えることが出来ます。

処方薬

病院で薬を処方してもらうことが出来ますが、毛孔性角化症に効果のある薬は市販でも売られています。

 

特に毛孔性角化症に効果があるのは、尿素入りのクリームです。
尿素は、角栓を溶かしてくれる働きがあります。

 

毛穴に詰まった角栓は硬くなってしまっていることが多いですので、尿素クリームを使用して溶かしてしまうと良いでしょう。
また、毛孔性角化症を悪化させてしまう原因として、お肌の乾燥が挙げられます。

 

お肌をしっかりと保湿することは大切ですが、症状の出ている部分にどのような保湿用品を使用したら良いのか悩んでしまうでしょう。

 

尿素クリームには、お肌を保湿する効果もあります。
毛孔性角化症の症状が出ている部位をケアしながら、お肌の保湿も行うことが出来るのです。

 

 

病院で処方される毛孔性角化症の薬にも、尿素が配合されていることは多いです。
まずは市販の尿素入りクリームを使用して、自分でケアをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

大幅割引!ピュアルピエ公式サイト