毛孔性苔癬は自然に治るが問題は・・・

人気No.1↓ピュアルピエ

毛孔性苔癬は自然に治るが問題は・・・

 

毛孔性苔癬は、思春期ごろの発症し歳をとると徐々に消えていくと言われています。

 

しかし、一番二の腕を出す機会が多い10代、20代のころがピークなんて恥ずかしいですよね?

 

まだまだ認識が薄く、不潔にしている、食生活が乱れているなど誤解を受けやすく、何よりも見た目が汚いのが問題です。

 

 

自然に治ると分かっていても、若いころに周りの子のようなおしゃれを楽しみたいと思いませんか?

 

最近は市販薬でも毛孔性苔癬の治療ができるようになりました。

 

しかし、口コミを観てみると意外と効果がないと感じている人が多く、色々な方法を試しては失敗を繰り返しているようです。

 

 

毛孔性苔癬は、その見た目を何とかしたいと思い、小さいころから必要以上にゴシゴシ擦る傾向があります。

 

友人は子供の頃、からかわれたのが嫌でタワシで擦っていたそうです。

 

当然治るわけはなく、時々出血してはさらに悪化を繰り返してしまいました。

 

その結果、今でもその跡が残り毛孔性苔癬だけではなく、色素沈着が起こっています。

 

 

このように、毛孔性苔癬は自然治ると言われていますが、問題は間違ったケアをすることで一生消えない跡が残ってしまうことです。

 

本来は、専用のケアクリームを塗って角質を柔らかくすることが一番良い治療方法ですが、擦るを取れると思ってしまうのが、毛孔性苔癬の厄介なところかもしれません。

 

 

ヨクイニンで体の中から毛孔性苔癬を治す

 

毛孔性苔癬を治すためには、ケアクリームを毎日きちんと塗って角質を柔らかくし、剥がれやすくすることです。

 

それに加えて、体の中から改善、予防するためにはヨクイニンが効果的です。

 

 

ヨクイニンはイボ治療に使われる漢方の一種です。

 

実際に子供のイボにはかなり効果があり、我が家の子供もこれだけでたくさんできてしまったウイルス性のイボを完治させた経験があります。

 

大人のイボの場合は効果がある人とない人がいるようですが、7割ほどの人に効果があると言われています。

 

 

ヨクイニンはイボ同様、毛孔性苔癬にも効果がることが分かっています。

 

肌の新陳代謝を活発にすることで、二の腕のブツブツも剥がれやすくなるのです。

 

即効性がある薬ではないので、毎日決まった量を摂取することが一番大切で、続けることで徐々に肌が柔らかくなりブツブツも減ってくるはずです。

 

同時に、肌がしっとりきれいになり、シミが薄くなったと感じる人も多いようです。

 

 

漢方薬を処方してくれる病院で買うのが一番ですが、薬局やネット通販でも簡単に購入できます。

 

それほど高いものではないので、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ヨクイニンとは?副作用の心配は?

 

昔からイボ治療に使われてきたヨクイニン。

 

最近は美容のために服用している人も多いようで、ドラッグストアなどでサプリメント感覚で購入できます。

 

副作用が少ないと言われており、小さな子供からお年寄りまで処方されることがあるヨクイニンですが、本当に心配はないのでしょうか?

 

 

ヨクイニンとはハト麦の種皮を取り除いたものです。

 

生薬として東洋医学でもたびたび使われる立派な薬なのです。

 

漢方薬はすべての人に副作用がないと思っている人が多いようですが、実際は飲み合わせたや体質によっては副作用が出たり、逆に症状が悪化することもあるのです。

 

ですから、漢方薬を処方する際は医師がその人の体の状態や血流、体質などをしっかりと診察してから処方されます。

 

 

ヨクイニンは、他の強い漢方薬ほど副作用の心配は少ないと言われていますが、全くないわけではありません。

 

体質に合わない人は胃腸の機能低下によって腹痛や下痢が起こる可能性があります。

 

また、体を冷やす効果あるので冷え性の人は注意が必要です。

 

 

このように、誰でも安全に服用できると思われているヨクイニンでも、副作用がないわけではありません。

 

何か異変を感じたら、すぐに服用を止め医師に相談するようにしましょう。

 

大幅割引!公式サイト