毛孔角化症は必ず遺伝する?防ぐ方法はあるのか

人気No.1↓ピュアルピエ

毛孔角化症は必ず遺伝する?防ぐ方法はあるのか

 

毛孔角化症で悩んでいる人はとても多いようで、男性よりも女性の方が発症する確率が高いと言われています。

 

二の腕にブツブツがあるからと言って感染するわけではなく、そのまま放置しても問題ありません。

 

しかし、二の腕は意外と人から見られる部分なんです。

 

ノースリーブ 二の腕

 

特に女性は他人の二の腕の太さが気になるもので、半袖やノースリーブの服を着ている人がいると、つい見てしまいますよね?

 

その時、どんなに細い二の腕でもブツブツがあったら「きれいな二の腕」とは言えません。

 

毛孔角化症は、触った時にザラザラするだけではなく、見た目が赤や茶色なので汚らしく見えるのが最大の難点です。

 

 

最近はそんな悩みを解決するために毛孔角化症を解消する薬まで発売され、どれだけ多くの人が治したいと思っているのかが分かります。

 

 

自分がもし毛孔角化症だとしたら、その原因は何だと思いますか?

 

ブツブツの原因は毛穴に角質が溜まることですが、ほとんどの人が不潔にしていたわけではありません。

 

むしろ、そのブツブツを解消するために、念入りに洗っているはずです。

 

それでも消える気配がない・・・なぜなら、本当の原因は遺伝だからです。

 

 

私の父も毛孔角化症だったため、兄も私もその体質が遺伝してしまいました。

 

学生時代は、他の子の二の腕がつるつるできれいになのに、自分だけブツブツで汚らしいのが本当に嫌で、父を恨んだものです。

 

ですから、今度は我が子に毛孔角化症が遺伝しないかという不安があります。

 

自分が辛い思いをしてきたので、子供に同じ思いをさせたくありませんよね?

 

毛孔角化症について正しい知識を持つことで、子供が遺伝しても早めにケアしてあげることができるのです。

 

 

毛孔性苔癬の原因は?

 

毛孔性苔癬は珍しい症状ではなく、4人に1人程度はいると言われています。

 

その原因は色々ありますが、圧倒的に多いのが遺伝です。

 

毛孔性苔癬の人は親や祖父母などからの遺伝と言われており、ブツブツが遺伝するのではなく、毛穴に角質が溜まりやすい体質が遺伝すると言うことです。

 

遺伝性の場合は、幼いころから発症することもあり、思春期を迎えるころにはほとんどの人が気づいているはずです。

 

もし、ブツブツが気にならない人はそのまま放置しても全く問題ありません!

 

体に害があるものではなく、成人すると徐々になくなってくることがほとんどなのです。

 

 

遺伝ではない原因としては、食生活が考えられます。

 

毛孔性苔癬は、肥満体系の人にできやすく食生活の乱れも肌の新陳代謝に大きくかかわっているようです。

 

 

子供に遺伝させないためにできること

 

残念ながら遺伝を止める方法はありません。

 

しかし、その体質が遺伝しても発症させない、発症しても早めにケアをして改善を促すことは簡単にできます。

 

 

肌の代謝には食生活が大きくかかわっています。

 

特にビタミンが重要で、野菜や果物などを積極に摂取できるような食生活を習慣づけることが大切です。

 

毛孔性苔癬 遺伝

 

小さなころから肌の新陳代謝が良い子は、もし親が毛孔性苔癬だとしても、発症しないこともあるため諦めたはいけません。

 

 

また、肌に優しい繊維の衣類を着用させるようにしましょう。

 

摩擦によって肌にダメージを与え、毛穴に角質が溜まりやすくなるからです。

 

 

それでは、もし毛孔性苔癬ができてしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

早めに気づきケアを始めることが大切ですが、その時に気を付けたいのが肌に優しい成分のものを選ぶことです。

 

たくさんの種類があるため選ぶのが難しいと思いますが、成分で考えるとピュアルピエが一番おすすめです。

 

思春期のお子さんでも大人化粧品を使うようで喜んでくれるはずです。

 

 

市販の薬や尿素ではなかなか治らないのが毛孔性苔癬です。

 

家族でピュアルピエを使って、つるつるの二の腕を手に入れましょう。

 

大幅割引!ピュアルピエ公式サイト