ヒートテックで毛孔性苔癬が悪化!

人気No.1↓ピュアルピエ

ヒートテックで毛孔性苔癬が悪化!

 

毛孔性苔癬ができている人は肌が弱いことが多く、肌に直接触れる物には注意が必要です。

 

最近、多くの人が冬の寒さ対策に取り入れているヒートテックの下着。

 

外国人観光客も日本のヒートテックを大量に買って帰るほど大人気です。

 

極薄なのに、とにかく温かいため、小さな子供からお年寄りまで一枚は持っているのではないでしょうか?

 

ヒートテック ユニクロ

 

とにかく優秀なヒートテックですが、敏感肌の人やアレルギー体質の人は注意が必要なのです。

 

化学繊維は肌の健康には良いとは言えません。

 

通気性が悪く痒みやかぶれの症状が出ることがあり、アトピー性皮膚炎が悪化することも多いのです。

 

 

毛孔性苔癬がある人は、このヒートテックで二の腕の痒みを感じることがあり、掻くことによって悪化するかもしれません。

 

また、肌にぴったりフィットしているため、刺激を受けやすく色素沈着の可能性もあるのです。

 

毛孔性苔癬が長引くと跡が残りやすいので、早めに改善できるようにケアしなくてはなりません。

 

 

肌が強い人にとっては最高の下着かもしれませんが、毛孔性苔癬がある人は注意した方が良いのかもしれません。

 

下着を選ぶ際は、通気性、吸収性が良い素材を選ぶようにし、二の腕への刺激を最小限にしたいものです。

 

 

悪化させているかもしいれない意外な原因

 

毛孔性苔癬は30代以降に自然に治る人が多いと言われています。

 

しかし、子供のころから悩んでいる40代の友人の二の腕には、未だにブツブツが残り消える気配がありません。

 

その子のお父さんもいまだにブツブツが残っているそうなので、誰もが自然に治るとは限らないようです。

 

 

逆に、早めにケアを始めることで10代、20代でもきれいに消える人も多く、そのためには毎日専用のケア用品を使うことと、悪化させないことが大切です。

 

先ほど説明した通り、悪化させないためには直接肌に触れる物にも細心の注意が必要です。

 

通気性や吸収性に優れた綿100%のものが最適で、なるべく摩擦の少ない肌触りの良い素材を選ぶと良いでしょう。

 

 

また、ナイロン製のボディータオルやブラシもNG。

 

できれば擦らず泡だけで優しく洗うようにすると、肌への刺激を最小限に抑えることができるのです。

 

触ると突起の部分が気になり、つい擦ったり引っかいたりしてしまいがちですが、それによって毛孔性苔癬は間違いなく悪化します。

 

 

友人もブツブツがとても嫌で毎日固めのナイロンタオルでこすっていたそうです。

 

以前は、毛孔性苔癬に対する知識や情報もほとんどなかったので、ケア方法が分からなかったそうです。

 

今は、効果的なケアクリームがあるので心強いですね!

 

 

レザー脱毛で毛孔性苔癬が悪化する?

 

多くの若い人はつるつるの肌を目指して脱毛サロンやクリニックに通っているのではないでしょうか?

 

毛孔性苔癬がある人は、その腕を見られることが恥ずかしいと思い、通えずにいる人もいるかもしれません。

 

 

また、毛孔性苔癬は脱毛を断られるという噂もありますが、それは本当のことでしょうか?

 

実は、多くの脱毛サロンやエステでは断ることが多いようです。

 

それは、皮膚疾患がある部分にレザーを使うことで、色素沈着やトラブルが起こる可能性があるからです。

 

何か起こった際にすぐに対応することは難しく、できるだけ損害を被る可能性を避けたいのが本音かもしれません。

 

 

しかし、医療用のレザー脱毛は可能な所が多く、脱毛を受けることで毛孔性苔癬が改善したという報告もあるようです。

 

毛孔性苔癬があるから脱毛ができないと思っている人は、最初から医療用レーザーを受けるようにしましょう。

 

万が一、何かトラブルが起こった際も、そこには医師免許を持った人がいるので、すぐに対処、処置をしてもらえ、必要があれば薬の処方も可能です。

 

 

このように、毛孔性苔癬がある人が脱毛をする場合は、事前に調べることが大切です。

 

もし、肌も医療用レーザー脱毛でつるつるになり、毛孔性苔癬まで改善したら嬉しいですね!

 

大幅割引!公式サイト