二の腕のぶつぶつが治る?脱毛で治る?悪化する?

人気No.1↓ピュアルピエ

二の腕のブツブツと脱毛の関係 脱毛で治るのか?

 

二の腕にブツブツができてしまっていて、気になっているという人は多いでしょう。
特に痛みや痒みを伴うことはありませんが、袖の短い服を着るときには気になってしまいます。

 

二の腕にできてしまったブツブツは、毛孔性角化症である可能性が高いです。
10代〜20代の間で症状がピークを迎え、30代に入ると自然に消えていきます。

 

しかし、若い頃に二の腕のブツブツをずっと気にするというのは嫌ですよね。
二の腕のブツブツを改善するためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

脱毛

 

二の腕のブツブツは、脱毛をすることで改善されると言われています。
皮膚に凹凸ができていると、カミソリなどで毛を処理することが難しくなってしまいます。

 

毛にしっかりと刃が当たらないので、お肌に与えるダメージが大きくなってしまうのです。
二の腕のお肌をカミソリで刺激してしまうことになるので、毛孔性角化症がさらに悪化してしまう可能性もあります。

 

二の腕にブツブツができていると、毛の処理をすることも難しくなってしまうのです。

 

医療機関やエステで、レーザーやフラッシュを使用した脱毛を行えば、自分でカミソリを使って毛を処理する必要が無くなります。お肌にカミソリの刃を当てることがなくなるので、毛孔性角化症も良くなっていくというわけです。

 

 

レーザーかフラッシュか?

 

医療機関やエステサロンで脱毛をしてもらおうと思ったら、レーザーやフラッシュといった脱毛方法があります。
毛孔性角化症を改善するためには、どちらの脱毛方法が良いのでしょうか。

 

 

毛孔性角化症の人が脱毛をするなら、レーザー脱毛をおすすめします。
二の腕のブツブツは、毛穴に古い角質・角栓が詰まってしまうことで引き起こされますが、毛穴の中にはムダ毛も詰まっていることがあります。

 

レーザーを照射することで、皮膚の外側のムダ毛を処理することができるだけでなく、毛穴に詰まっているムダ毛も処理することができます。
毛穴に詰まっているムダ毛を処理することができれば、二の腕のブツブツも目立たなくなるでしょう。

 

 

レーザー脱毛をする際には、エステサロンよりも医療機関に行くことをおすすめします。サロンで照射できるレーザーは、医療機関よりも光エネルギーが弱いです。

 

皮膚の外側のムダ毛を処理するには十分な強さですが、毛孔性角化症の人のお肌に弱いレーザーを照射すると、毛根を刺激してムダ毛が濃くなってしまうことがあります。

 

ムダ毛が濃くなると、二の腕のブツブツもさらに目立ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

 

反対に脱毛の失敗でブツブツが・・

 

レーザー脱毛を行うことで、毛孔性角化症を改善していくことができます。
実際に、脱毛を経験することで、二の腕のブツブツが目立たなくなったという人はいるでしょう。

 

しかし、脱毛の仕方を間違えてしまうと、逆に二の腕のブツブツが悪化してしまうことがあります。
毛孔性角化症を改善するためには、どのように脱毛を行えば良いのでしょうか。

 

 

毛孔性角化症を改善したいのであれば、医療機関でレーザー脱毛をしてもらうことをおすすめします。
サロンで行っているレーザー脱毛は、医療機関に比べると光エネルギーが弱いです。

 

医療機関の場合には、強い光エネルギーでレーザーを照射して万が一何か起きてしまったとしても、医師が常駐しているのですぐに対応することができます。
しかし、サロンの場合には医師が常駐しているわけではありませんので、弱いレーザーを当てることしかできないのです。

 

弱いレーザーでも皮膚の外に生えているムダ毛を処理することはできますが、毛根を下手に刺激して、生えてくるムダ毛が濃くなってしまう恐れがあります。
このような状態になると、二の腕のブツブツが以前よりも目立つようになってしまいます。

 

毛孔性角化症を改善するために脱毛するなら、医療機関で強めのレーザー照射をしてもらうことをおすすめします。

 

 

二の腕のぶつぶつについてはこちらをご覧ください・・・毛孔性角化症(毛孔性苔癬治療)とは?

 

 

 

 

大幅割引!公式サイト