毛孔性角化症(毛孔性苔癬治療)とは?

人気No.1↓ピュアルピエ

毛孔性角化症とは?どんな人に起こる症状なの?

 

毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

どちらも日常生活ではあまり耳にしない名称でしょう。

 

しかし「二の腕に出来るぶつぶつ」というとどんな症状なのか容易に想像が出来ますよね。

 

毛穴に苔癬(たいせん)が出来てぶつぶつしている状態のことを、毛孔性角化症と言います。

 

※苔癬とは
部分的に同じくらいの大きさのぶつぶつが出来る症状のことです。
主に子供に出来ることが多く、毛孔のある場所に出来ることが多いでしょう。

 

痛み、痒みはなく、ぶつぶつが大きくなることもありません。

 

毛孔性角化症は二の腕にできることが多いですが、

  • 太腿
  • 背中
  • お尻

などに出来ることもあります。

 

毛孔性角化症は主に、幼少期から思春期に多く起こる症状だといわれています。

 

ほとんどの人は年齢を追うごとに少しずつ改善し出来なくなることば多いといわれていますが、中には大人になっても毛孔性角化症が治らず悩まされている人も多いでしょう。

 

常に出来ている訳ではありませんが、一時的に治り再発しを繰り返す人が沢山います。

 

 

毛孔性角化症の原因と改善方法

 

毛孔性角化症が出来る原因は、主に4つあります。

  1. 肌の乾燥
  2. ターンオーバーの乱れ
  3. 血流悪化による肌質の悪化
  4. 遺伝や体質

基本的にはニキビや肌荒れを同じことが原因で出来るみたいですが、体質や遺伝が大きく影響を及ぼします。

 

体質的に、遺伝的に、毛孔性角化症が出来やすいという人は一度改善しても再発する可能性が高いです。

 

また、何度も再発するからといって放置していると症状が悪化して炎症、色素沈着、痒みや痛みにまで発展する可能性があるでしょう。

 

毛孔性角化症の一番の改善方法は、保湿です。

 

徹底したケアを行うことで肌のバリア機能が高まり毛孔性角化症も起こりにくい肌質になることが出来ます。

 

もちろん、普段から毛孔性角化症が出来やすい部分を清潔に保ち、栄養を十分に摂り、健康的に保つことはとても大切です。

 

なかなか治らない毛孔性角化症は体質から改善するように心がけましょう。

 

毛孔性角化症を治したいならスキンケアが一番!
もちろん体質改善や皮膚科治療も効果的ですが、一番簡単で実践しやすい方法がスキンケアですよね。
ケアをしていれば、肌質も改善されバリア機能が高まり肌荒れしにくい、ぶつぶつも出来にくくなるのではないでしょうか。
特に、保湿効果の高い商品や毛孔性角化症改善に特化した商品がおすすめです!

 

大幅割引!ピュアルピエ公式サイト